danger_ojisan【大暴竜 ゼルギュラグネ】デッキレシピ


ワールド : 《デンジャーワールド》 投稿者:小さなデンジャーおじさん(@danger_ojisan)



画像付きTweetするには、Twitter連携が必要です。


 

デッキ名
【大暴竜 ゼルギュラグネ】
サイズ 種類 カード名 属性表示 攻・打・防 小計
- フラッグ  1 × 《デンジャーワールド》(ワールド) -- 10円
3 モンスター  1 × 《帝王竜 ガエル・カーン》 10000 / 4 / 10000 100円
3 モンスター  1 × 《裏・八角神王 デビルガデス》 10000 / 2 / 6000 300円
2 モンスター  2 × 《格闘竜 デモンゴドル》 5000 / 2 / 3000 80円
2 モンスター  1 × 《粗暴なる獄卒 ドガラガン》 5000 / 2 / 6000 10円
2 モンスター  1 × 《鉄腕竜 アイアンカイザル》 7000 / 2 / 5000 1円
1 モンスター  1 × 《剣爪竜 ヴァルケン》 5000 / 2 / 1000 1円
1 モンスター  1 × 《草原竜 グラスランナー》 4000 / 2 / 2000 1円
1 モンスター  1 × 《血風竜 エリルシーガ》 4000 / 2 / 4000 1円
1 モンスター  1 × 《飛翔竜 シルフィド》 5000 / 2 / 3000 1円
1 モンスター  5 × 《原初の格闘竜 デモンゴドル》 (バディ) 2000 / 2 / 2000 175円
1 モンスター  2 × 《圧殺竜 ザデルガンガー》 7000 / 1 / 4000 2円
1 モンスター  1 × 《兄弟竜 フンバルティス》 6000 / 2 / 2000 1円
1 モンスター  1 × 《暴竜 ザルド》 6000 / 3 / 4000 1円
1 モンスター  1 × 《突神竜 ガエルゴルガ・アーク》 4000 / 3 / 3000 1円
1 モンスター  1 × 《闘気竜 ゲキオーラ》 4000 / 2 / 1000 10円
- モンスター  1 × 《蒼駆竜 ガグ》 3000 / 1 / 2000 1円
- モンスター  4 × 《八角闘竜 ズバネール》 2000 / 1 / 1000 400円
- モンスター  1 × 《暴竜 ゲオルガ》 3000 / 2 / 1000 1円
- 魔法  4 × 《超力充填》 -- 160円
- 魔法  3 × 《斬魔招来》 -- 540円
- 魔法  3 × 《神王降臨の儀》 -- 30円
- 魔法  2 × 《限界覇王拳》 -- 2円
3 必殺モンスター  4 × 《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》 9000 / 3 / 7000 40円
2 必殺モンスター  2 × 《デモンゴドル “ゴドリック・ジョルト!”》 8000 / 3 / 5000 30円
- 必殺技  4 × 《闘竜爆裂大進撃!》 -- 40円
- - 魔法  2 × 《シャドウ・クルセイダー》 -- 200円
構築最低予算2129円
バディ
《原初の格闘竜 デモンゴドル》
強み・プレイング・コンボ

2016年8月22日 投稿
2016年10月26日 デモンゴドルアークを必殺デモンゴドルに差し替え。サイズ3を2枚導入

「オトナバディフェスタ2016 1st 名古屋 ダブルバディグランプリ」にて《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》のデッキが3位入賞し、
公式サイトにもデッキレシピが掲載されました!
http://fc-buddyfight.com/recipe/festa/bf160821/#deck127

ということで便乗して自分のゼルギュラグネデッキレシピを投稿します。便乗です。

ちなみに、「バディファイトコレクション」のパックが発売した時の「開発チームのオススメデッキレシピ」としても、
公式にデッキレシピが掲載されています。
こっちも参考までに。
http://fc-buddyfight.com/recipe/recommend/201605_5/

■強み■
《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》は1枚で10点与えられるカード!
能力の条件「ドロップゾーンにデュエルドラゴンが9種類以上」は、思ったよりも簡単に達成できます。
(9種類に届かずとも、5種類の段階で打撃力3『貫通』『二回攻撃』と十分強い。臨機応変に使おう。)
その大暴竜ゼルギュラグネを、《闘竜爆裂大進撃!》《神王降臨の儀》の2種類でデッキからサーチできるため比較的安定しており、
しかもそれらを組み合わせれば1ターンに2回以上のコールが可能。1ターンに3回までなら狙えます。
(「必殺コール」は1ターンに1回までなので、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》だけでは1ターンに1回しか出せないことに注意)
後攻1ターン目キル、先攻2ターン目キルも狙える速攻デッキです。
また《格闘竜 デモンゴドル》《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》を使うことで、それなりに耐久できます。
デンジャーワールドには、武器はもう、要らない。

《八角闘竜 ズバネール》以外のほとんどのカードは安価で、入手もしやすいと思います。
《八角闘竜 ズバネール》はゲットトレジャーキャンペーンの景品「ゴッド★パック」に収録のPRカードなので、やや希少)

■プレイング■
デュエルドラゴンを場に並べてアタックし、条件が整えば《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》をコールして勝利。
アタックフェイズの手数はそれなりに大事。
耐える場面ではセンターに固めのサイズ2を置いて凌ぎましょう。
大暴竜ゼルギュラグネを2連発以上できれば、防ぎきれるデッキはそうそうないはず。
放て、必殺竜!

・チャージ&ドローについて
ドロップゾーンのデュエルドラゴン種類を増やすには、ゲージからデュエルドラゴンを払うことが大事。
手札で役割がダブっている(同じサイズ、など)デュエルドラゴンを優先的にチャージし、そのゲージは「必ずデュエルドラゴンの種類を増やせるゲージ」として覚えておこう。
非デュエルドラゴンをチャージした場合は「絶対にデュエルドラゴンの種類が増えないゲージ」としてこれも覚えておき、最後まで放っておこう。
ゼルギュラグネのコール以前にゲージを払う時は、最初の2ゲージや、ゲージ魔法で増えたゲージなど、「何のカードかわからないゲージ」から先に払うことで、最終的にゼルギュラグネをコールした時に、思った通りの枚数にしやすいぞ。

■カード紹介■
《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》《闘竜爆裂大進撃!》
必ず4枚入れるカード。
1枚で相手に10点与えられるし、その10点が「効果ダメージ2点×2」と「貫通攻撃3点×2」に分けて与えられるため、非常に防ぎにくい。
そのうえ、サイズ3モンスターであり、防御力も7000あるため、ソウルガードがないにも関わらず、【対抗】で破壊するのはかなり困難。
コールコストも、種類を問わずデュエルドラゴン1枚と、ゲージ3枚があればいいだけなので、コール自体を阻止するのも難しい。
ゲージはこの大暴竜ゼルギュラグネのコールに使いたいので、他のモンスターや魔法ではあまりゲージを使わないようにする。
《闘竜爆裂大進撃!》は基本的には大暴竜のコールに使うが、《八角闘竜 ズバネール》をコールしてゲージを増やしたり、新たな必殺デュエルドラゴン《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》をコールするのにも使える。

《神王降臨の儀》
2枚~4枚入れるカード。4枚入れると手札でダブりやすい。
メインフェイズでのコールになってしまうので、アタックフェイズ中の手数は失ってしまう。
他のデュエルドラゴンをサイズ2-1-0、もしくはサイズ1-1-1で並べるだけでもかなりの手数とダメージが作り出せるので、そこを飛ばしてしまうのはそれなりにもったいない。
とはいえ大暴竜ゼルギュラグネを出せなくては困るし、このカードでは2ゲージで大暴竜ゼルギュラグネをコールできるのが有用な点。
他のサイズ3デュエルドラゴンのコールにももちろん使える。

《超力充填》
4枚入れたい重要なカード。
大暴竜ゼルギュラグネを連続コールする場合のゲージは、大抵はこのカードに頼ることになるので、多く入れたいところ。
1ターンに1回しか使えないので、複数使いたい時は相手のターンの終了間際に1枚使っておくこと。

《原初の格闘竜 デモンゴドル》《格闘竜 デモンゴドル》《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》
大暴竜コールまでを戦っていくモンスター。多めに入れたいカードだが、コールコストに多くゲージを使うのが難点でもある。
上述のグランプリ3位の方のデッキには僅かにしか入っていない。その場合は後述の《鉄腕竜 アイアンカイザル》を代わりに4枚入れよう。
《原初の格闘竜 デモンゴドル》はとにかく色んな使い方ができて便利なカード。攻撃力2000がタマにキズ。《闘竜爆裂大進撃》で出して、能力で《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》をサーチし、そのまま必殺コール、なんかもできる。
《格闘竜 デモンゴドル》はバディファイト第一弾のカードであり、弱く見えるが、このデッキでは大活躍。
ソウルガード2枚の『反撃』による防御能力はかなり高く、必殺コールするまでの時間稼ぎをしてくれる。
更に、コールコストで一気にデュエルドラゴンの種類を増やしてくれるモンスターでもある。
《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》は持久戦に使える他、一部の対戦相手へのメタカードとして活躍する。
武器を使うデッキ、『貫通』が激しいデッキ、”潜影”で攻撃してくるデッキなど。
特に《原初の格闘竜 デモンゴドル》に重ねてコールすれば防御力7000となり、かなりの防御性能になる。
ゼルギュラグネ2連発にはゲージが足りない時、何はともあれ3点の追加攻撃として使える。

《八角闘竜 ズバネール》
多めに入れたい重要なカード。
登場した時にゲージを増やせるサイズ0デュエルドラゴンで、《大暴竜 ゼルギュラグネ》のコールに向けてゲージを増やすのに重要な1枚。
また、サイズ0のデュエルドラゴンはあまり選択肢が無いので、必然的にこのカードを多く入れる必要が出てきます。
《闘竜爆裂大進撃!》でこのカードを選べば(そして場に他のデュエルドラゴンがいれば)、1ゲージとはいえ増やせることも重要。

《鉄腕竜 アイアンカイザル》《粗暴なる獄卒 ドガラガン》
デモンゴドルに準ずる防御用モンスター。
《鉄腕竜 アイアンカイザル》は1ゲージだけで『ソウルガード』のモンスターを出せることが最大の利点。
また攻撃力7000もたいへんに便利で、上述のグランプリ3位のデッキではこのカードが4枚でバディにもなっている。
《粗暴なる獄卒 ドガラガン》はデュエルドラゴンとは思えない便利な能力持ち。
『ソウルガード』はないがノーコストで防御力6000は及第点で、更に【対抗】でモンスターを破壊しながらドロップゾーンまで増やせる。

・サイズ3モンスター
基本的には《神王降臨の儀》からのコールを想定しているが、一応手札からのコールも可能。
《帝王竜 ガエル・カーン》
ステータスが高く、相手の場のモンスターを全て破壊できる。
『ソウルガード』も『2回攻撃』もないのは難点。
《裏・八角神王 デビルガデス》
攻撃力10000の『2回攻撃』が魅力。ソウルガードも1枚あり、ドロップゾーンの枚数を増やす役割も期待できる。

・他のサイズ2モンスターについて
サイズ2モンスターの選出基準は、「防御に使えるモンスター」「できるだけ軽いコスト」がオススメ。
基本的に『ソウルガード』以外の能力にゲージを割く価値はない(攻撃性能は、大暴竜ゼルギュラグネで済むため)。
また、サイズ2モンスターは場に2枚以上並べることができないので、枚数は少な目でよい。サイズ1以下のモンスターを多く入れよう。

・他のサイズ1モンスターについて
サイズ1モンスターの選出基準は、「とにかく攻撃力」がオススメ。
大暴竜ゼルギュラグネにとって苦手なモンスター(五角竜王ドラムや、ゾディアックなど)をアタックフェイズのうちに倒しきれるチャンスを少しでも高めたい。
打撃力を与える仕事は大暴竜ゼルギュラグネがやってくれるので、とにかく攻撃力重視で選ぶとデッキが安定するように思います。
《原初の格闘竜 デモンゴドル》《八角闘竜 ズバネール》で攻撃力2000のモンスターが既に8枚も入っているので、低い攻撃力のカードはできるだけ減らしたいところ。

・他のサイズ0モンスターについて
あまり選択肢がなく、ステータスも低いのですが、センターにサイズ2モンスターを置いた上で2-1-0の場を作るためにも、それなりに枚数を入れるべきだと思われます。
《神王降臨の儀》でメインフェイズに大暴竜ゼルギュラグネを出した場合も、サイズ0モンスターなら並べることができます。
サイズ0で攻撃力3000を発揮できる《蒼駆竜 ガグ》は地味に重要なので欠かさないように。
暴竜条件が要りますが、《暴竜 ゲオルガ》も攻撃力3000あり、優秀です。

・他の魔法について
《限界覇王拳》……数少ない【対抗】魔法で、デュエルドラゴン属性を持っている。
 それなりに有用なのでこのデッキでは2枚入れている。1枚~3枚かと思う。
 使用条件がないので、アタックしていない時にもとりあえず使用してドロップゾーンに置くことができる。
《斬魔招来》……ゲージ補助、およびドロップゾーンの枚数を増やすために入っている。斬魔招来の一番強い使い方はコレである。
 1ゲージが大事になることもあり、序盤からドロップゾーンを増やすことで速攻を決められる可能性が高まる。
《シャドウ・クルセイダー》……なぜかデンジャーワールドのデュアルになっている防御魔法。
 【使用コスト】でドロップゾーンを増やせる上に、使用条件がなくダメージを3も減らせるので、たいへん相性がいい。
 ダメージを減らす目的でなくても、自分のターンに使ってドロップゾーンを増やすこともあり得るかもしれない。
 デッキの中で唯一、名前に漢字がないカードで、すごく浮く。

■大会成績■
2016 9-10 カードキングダム溝の口店 あそバディカップ(29名)
優勝
1戦目 デンジャー(大暴竜)……まさかのミラー。運ゲー。先にゼルギュラグネして勝利
2戦目 楽園天国……得意な相手ではないが、ゼルギュラグネを計2発叩き込んでなんとか
3戦目 楽園天国……得意な相手ではないが、早めのゼルギュラグネで突破
4戦目 マジック(72柱)……72柱に相性がよいのは大暴竜の強みの一つ。早めのゼルギュラグネで勝利
5戦目 楽園天国……得意な相手ではないが、……相手にプレイミスがあったそうな?

弱み・カスタマイズポイント

■弱み■
サイズ3で防御力7000であるため、なかなか対抗除去されにくい《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》ではあるのだが、それでも除去されれば終わり。
具体的に苦手なのは、
・『反撃』
 1回は攻撃を通せるかもしれないが、二回攻撃をする前に破壊されてしまう。
 特に怒羅魂頭は横にいて『貫通』も効かないため、かなり相性が悪い。
《五角竜王 ドラム》
 他のデュエルドラゴンでアタックフェイズのうちに破壊してしまうしかないか?
・サイズ不問の破壊・バウンス魔法
 あまり見るものではないが、《ドラゴニック・エアレイド》《ウープス!》など。使われたら諦めるしかない。

更に、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》は攻撃力が9000なので、防御力10000を突破することができない。
一応、《神王降臨の儀》でメインフェイズ中に出した場合は、サイズ0モンスターとの連携攻撃で10000以上を出すこともできるが……。
具体的に苦手なのは
《二角魔王 アスモダイ》
 防御力10000を突破できない上に、反撃をされるので効果ダメージも1回しか発動できないまま倒されてしまう。
《終焉魔竜 アジダハーカ》
 防御力10000を突破できない上に、突破したとしても単独攻撃を無効化する《終焉魔剣 アクワルタ・グワルナフ》を装備されてしまう。

更に、アタックしないことには無意味なので、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》をレストにする効果も苦手。
ちなみに必殺モンスターは、コールしたあとアタックする前に必ず、お互いが【対抗】や自動能力を使えるタイミングがあるため、レスト効果で封じることができてしまう。
具体的に苦手なのは
《忍法 蛇睨み》
 カタナワールド随一の防御魔法。10点与えたいのに、コストの1点で止められてしまう。連発コールで何とかするしかない。
・ゾディアック類
 能力”グラビティレスト”で封じられてしまう。アタックフェイズのうちに他のデュエルドラゴンで倒したい。

一部の、ダメージを受けない能力を持つモンスターもどうしようもない。出てくる前に殺すのが主な対処法。
《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》
 『貫通』も効果ダメージも効かず、『ソウルガード』で2回攻撃くらいなら軽々さばくし、防御6000があってアタックフェイズのうちに処理しにくい。
 他のジャックナイフなら(『反撃』されなければ)倒せると思うので、アステールが出てくる前に何とか。
《剛腕無双番長 デュエルイェーガー “リボルテッド”》
 同じく『貫通』も効果ダメージも効かない相手だが、幸いにして今は竜王番長デッキそのものが大して強くない。
 出すまでにターンがかかるなら速攻で倒せるし、すぐに出てきた場合も防御力が3000しかないので、デュエルドラゴンで殴って勝てるかも。

■カスタマイズポイント■
デュエルドラゴンの配分はお好みで。

防御魔法について。
《闘気四方陣》《鳳凰壁》なら採用することはできるが、基本的には必要ない、というよりも邪魔になると感じる。
相手のデッキタイプにもよるが、苦手なデッキタイプ相手には「相手のカードが揃う前にゼルギュラグネを出して勝つ」のが勝ち筋になるので、
大暴竜ゼルギュラグネを速攻で出す上で役に立たないカードは減らすべきだと思う。
攻撃こそ最大の防御である。
《シャドウ・クルセイダー》は別腹。

魔法の選択肢として《斬魔障壁》がある。《斬魔招来》で落とした時に手札に加えられる。
主に『反撃』対策として、ゼルギュラグネをライトかレフトにコールした上でこの魔法を使えば、破壊を1回防ぐことができる。
ゼルギュラグネが攻撃した時の能力に【対抗】して破壊効果を使われると、この魔法を使うタイミングがないので、防げるのは『反撃』や五角竜王ドラムの能力1回分くらい。
微妙だが、一応は苦手な『反撃』の対策にはなる。

まれに、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》が4枚ともデッキからドロップゾーンやゲージに行ってしまい、ゼルギュラグネをコールできずに負けるということがある。まれに。
そういう場合を考えるならば、ドロップゾーンからデュエルドラゴンを回収できる《不屈の闘志》も選択肢に入るのだが、基本的には杞憂だと思う。
《不屈の闘志》にデュエルドラゴン属性がついていれば、真っ先に入れるところなのだが……。

デュエルドラゴン以外のモンスターとしては、《音速の獄卒 ヘルゲパルド》は、『移動』は無駄になるものの、1ゲージで防御力6000のソウルガード、更に破壊された時にデッキから2枚をドロップゾーンに置くということで、1枚入れてみてもいいのかもしれない。

『角王』の中では《裏・五角竜王 荒天武》を検討したい。
苦手な五角竜王ドラムやゾディアックなどを1発で対処できる可能性がある。

大会実績
大会名:あそバディカップ
結果:優勝
参加人数:28名
大会日付:2016-09-10
【大暴竜 ゼルギュラグネ】

デッキレシピ
1 × 《デンジャーワールド》
1 × 《帝王竜 ガエル・カーン》
1 × 《裏・八角神王 デビルガデス》
2 × 《格闘竜 デモンゴドル》
1 × 《粗暴なる獄卒 ドガラガン》
1 × 《鉄腕竜 アイアンカイザル》
1 × 《剣爪竜 ヴァルケン》
1 × 《草原竜 グラスランナー》
1 × 《血風竜 エリルシーガ》
1 × 《飛翔竜 シルフィド》
5 × 《原初の格闘竜 デモンゴドル》
2 × 《圧殺竜 ザデルガンガー》
1 × 《兄弟竜 フンバルティス》
1 × 《暴竜 ザルド》
1 × 《突神竜 ガエルゴルガ・アーク》
1 × 《闘気竜 ゲキオーラ》
1 × 《蒼駆竜 ガグ》
4 × 《八角闘竜 ズバネール》
1 × 《暴竜 ゲオルガ》
4 × 《超力充填》
3 × 《斬魔招来》
3 × 《神王降臨の儀》
2 × 《限界覇王拳》
4 × 《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》
2 × 《デモンゴドル “ゴドリック・ジョルト!”》
4 × 《闘竜爆裂大進撃!》
2 × 《シャドウ・クルセイダー》

バディ
《原初の格闘竜 デモンゴドル》

強み・プレイング・コンボ

2016年8月22日 投稿
2016年10月26日 デモンゴドルアークを必殺デモンゴドルに差し替え。サイズ3を2枚導入

「オトナバディフェスタ2016 1st 名古屋 ダブルバディグランプリ」にて《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》のデッキが3位入賞し、
公式サイトにもデッキレシピが掲載されました!
http://fc-buddyfight.com/recipe/festa/bf160821/#deck127

ということで便乗して自分のゼルギュラグネデッキレシピを投稿します。便乗です。

ちなみに、「バディファイトコレクション」のパックが発売した時の「開発チームのオススメデッキレシピ」としても、
公式にデッキレシピが掲載されています。
こっちも参考までに。
http://fc-buddyfight.com/recipe/recommend/201605_5/

■強み■
《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》は1枚で10点与えられるカード!
能力の条件「ドロップゾーンにデュエルドラゴンが9種類以上」は、思ったよりも簡単に達成できます。
(9種類に届かずとも、5種類の段階で打撃力3『貫通』『二回攻撃』と十分強い。臨機応変に使おう。)
その大暴竜ゼルギュラグネを、《闘竜爆裂大進撃!》と《神王降臨の儀》の2種類でデッキからサーチできるため比較的安定しており、
しかもそれらを組み合わせれば1ターンに2回以上のコールが可能。1ターンに3回までなら狙えます。
(「必殺コール」は1ターンに1回までなので、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》だけでは1ターンに1回しか出せないことに注意)
後攻1ターン目キル、先攻2ターン目キルも狙える速攻デッキです。
また《格闘竜 デモンゴドル》、《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》を使うことで、それなりに耐久できます。
デンジャーワールドには、武器はもう、要らない。

《八角闘竜 ズバネール》以外のほとんどのカードは安価で、入手もしやすいと思います。
(《八角闘竜 ズバネール》はゲットトレジャーキャンペーンの景品「ゴッド★パック」に収録のPRカードなので、やや希少)

■プレイング■
デュエルドラゴンを場に並べてアタックし、条件が整えば《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》をコールして勝利。
アタックフェイズの手数はそれなりに大事。
耐える場面ではセンターに固めのサイズ2を置いて凌ぎましょう。
大暴竜ゼルギュラグネを2連発以上できれば、防ぎきれるデッキはそうそうないはず。
放て、必殺竜!

・チャージ&ドローについて
ドロップゾーンのデュエルドラゴン種類を増やすには、ゲージからデュエルドラゴンを払うことが大事。
手札で役割がダブっている(同じサイズ、など)デュエルドラゴンを優先的にチャージし、そのゲージは「必ずデュエルドラゴンの種類を増やせるゲージ」として覚えておこう。
非デュエルドラゴンをチャージした場合は「絶対にデュエルドラゴンの種類が増えないゲージ」としてこれも覚えておき、最後まで放っておこう。
ゼルギュラグネのコール以前にゲージを払う時は、最初の2ゲージや、ゲージ魔法で増えたゲージなど、「何のカードかわからないゲージ」から先に払うことで、最終的にゼルギュラグネをコールした時に、思った通りの枚数にしやすいぞ。

■カード紹介■
《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》、《闘竜爆裂大進撃!》
必ず4枚入れるカード。
1枚で相手に10点与えられるし、その10点が「効果ダメージ2点×2」と「貫通攻撃3点×2」に分けて与えられるため、非常に防ぎにくい。
そのうえ、サイズ3モンスターであり、防御力も7000あるため、ソウルガードがないにも関わらず、【対抗】で破壊するのはかなり困難。
コールコストも、種類を問わずデュエルドラゴン1枚と、ゲージ3枚があればいいだけなので、コール自体を阻止するのも難しい。
ゲージはこの大暴竜ゼルギュラグネのコールに使いたいので、他のモンスターや魔法ではあまりゲージを使わないようにする。
《闘竜爆裂大進撃!》は基本的には大暴竜のコールに使うが、《八角闘竜 ズバネール》をコールしてゲージを増やしたり、新たな必殺デュエルドラゴン《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》をコールするのにも使える。

《神王降臨の儀》
2枚~4枚入れるカード。4枚入れると手札でダブりやすい。
メインフェイズでのコールになってしまうので、アタックフェイズ中の手数は失ってしまう。
他のデュエルドラゴンをサイズ2-1-0、もしくはサイズ1-1-1で並べるだけでもかなりの手数とダメージが作り出せるので、そこを飛ばしてしまうのはそれなりにもったいない。
とはいえ大暴竜ゼルギュラグネを出せなくては困るし、このカードでは2ゲージで大暴竜ゼルギュラグネをコールできるのが有用な点。
他のサイズ3デュエルドラゴンのコールにももちろん使える。

《超力充填》
4枚入れたい重要なカード。
大暴竜ゼルギュラグネを連続コールする場合のゲージは、大抵はこのカードに頼ることになるので、多く入れたいところ。
1ターンに1回しか使えないので、複数使いたい時は相手のターンの終了間際に1枚使っておくこと。

《原初の格闘竜 デモンゴドル》、《格闘竜 デモンゴドル》、《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》
大暴竜コールまでを戦っていくモンスター。多めに入れたいカードだが、コールコストに多くゲージを使うのが難点でもある。
上述のグランプリ3位の方のデッキには僅かにしか入っていない。その場合は後述の《鉄腕竜 アイアンカイザル》を代わりに4枚入れよう。
《原初の格闘竜 デモンゴドル》はとにかく色んな使い方ができて便利なカード。攻撃力2000がタマにキズ。《闘竜爆裂大進撃》で出して、能力で《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》をサーチし、そのまま必殺コール、なんかもできる。
《格闘竜 デモンゴドル》はバディファイト第一弾のカードであり、弱く見えるが、このデッキでは大活躍。
ソウルガード2枚の『反撃』による防御能力はかなり高く、必殺コールするまでの時間稼ぎをしてくれる。
更に、コールコストで一気にデュエルドラゴンの種類を増やしてくれるモンスターでもある。
《デモンゴドル "ゴドリック・ジョルト!"》は持久戦に使える他、一部の対戦相手へのメタカードとして活躍する。
武器を使うデッキ、『貫通』が激しいデッキ、”潜影”で攻撃してくるデッキなど。
特に《原初の格闘竜 デモンゴドル》に重ねてコールすれば防御力7000となり、かなりの防御性能になる。
ゼルギュラグネ2連発にはゲージが足りない時、何はともあれ3点の追加攻撃として使える。

《八角闘竜 ズバネール》
多めに入れたい重要なカード。
登場した時にゲージを増やせるサイズ0デュエルドラゴンで、《大暴竜 ゼルギュラグネ》のコールに向けてゲージを増やすのに重要な1枚。
また、サイズ0のデュエルドラゴンはあまり選択肢が無いので、必然的にこのカードを多く入れる必要が出てきます。
《闘竜爆裂大進撃!》でこのカードを選べば(そして場に他のデュエルドラゴンがいれば)、1ゲージとはいえ増やせることも重要。

《鉄腕竜 アイアンカイザル》、《粗暴なる獄卒 ドガラガン》
デモンゴドルに準ずる防御用モンスター。
《鉄腕竜 アイアンカイザル》は1ゲージだけで『ソウルガード』のモンスターを出せることが最大の利点。
また攻撃力7000もたいへんに便利で、上述のグランプリ3位のデッキではこのカードが4枚でバディにもなっている。
《粗暴なる獄卒 ドガラガン》はデュエルドラゴンとは思えない便利な能力持ち。
『ソウルガード』はないがノーコストで防御力6000は及第点で、更に【対抗】でモンスターを破壊しながらドロップゾーンまで増やせる。

・サイズ3モンスター
基本的には《神王降臨の儀》からのコールを想定しているが、一応手札からのコールも可能。
《帝王竜 ガエル・カーン》
ステータスが高く、相手の場のモンスターを全て破壊できる。
『ソウルガード』も『2回攻撃』もないのは難点。
《裏・八角神王 デビルガデス》
攻撃力10000の『2回攻撃』が魅力。ソウルガードも1枚あり、ドロップゾーンの枚数を増やす役割も期待できる。

・他のサイズ2モンスターについて
サイズ2モンスターの選出基準は、「防御に使えるモンスター」「できるだけ軽いコスト」がオススメ。
基本的に『ソウルガード』以外の能力にゲージを割く価値はない(攻撃性能は、大暴竜ゼルギュラグネで済むため)。
また、サイズ2モンスターは場に2枚以上並べることができないので、枚数は少な目でよい。サイズ1以下のモンスターを多く入れよう。

・他のサイズ1モンスターについて
サイズ1モンスターの選出基準は、「とにかく攻撃力」がオススメ。
大暴竜ゼルギュラグネにとって苦手なモンスター(五角竜王ドラムや、ゾディアックなど)をアタックフェイズのうちに倒しきれるチャンスを少しでも高めたい。
打撃力を与える仕事は大暴竜ゼルギュラグネがやってくれるので、とにかく攻撃力重視で選ぶとデッキが安定するように思います。
《原初の格闘竜 デモンゴドル》と《八角闘竜 ズバネール》で攻撃力2000のモンスターが既に8枚も入っているので、低い攻撃力のカードはできるだけ減らしたいところ。

・他のサイズ0モンスターについて
あまり選択肢がなく、ステータスも低いのですが、センターにサイズ2モンスターを置いた上で2-1-0の場を作るためにも、それなりに枚数を入れるべきだと思われます。
《神王降臨の儀》でメインフェイズに大暴竜ゼルギュラグネを出した場合も、サイズ0モンスターなら並べることができます。
サイズ0で攻撃力3000を発揮できる《蒼駆竜 ガグ》は地味に重要なので欠かさないように。
暴竜条件が要りますが、《暴竜 ゲオルガ》も攻撃力3000あり、優秀です。

・他の魔法について
《限界覇王拳》……数少ない【対抗】魔法で、デュエルドラゴン属性を持っている。
 それなりに有用なのでこのデッキでは2枚入れている。1枚~3枚かと思う。
 使用条件がないので、アタックしていない時にもとりあえず使用してドロップゾーンに置くことができる。
《斬魔招来》……ゲージ補助、およびドロップゾーンの枚数を増やすために入っている。斬魔招来の一番強い使い方はコレである。
 1ゲージが大事になることもあり、序盤からドロップゾーンを増やすことで速攻を決められる可能性が高まる。
《シャドウ・クルセイダー》……なぜかデンジャーワールドのデュアルになっている防御魔法。
 【使用コスト】でドロップゾーンを増やせる上に、使用条件がなくダメージを3も減らせるので、たいへん相性がいい。
 ダメージを減らす目的でなくても、自分のターンに使ってドロップゾーンを増やすこともあり得るかもしれない。
 デッキの中で唯一、名前に漢字がないカードで、すごく浮く。

■大会成績■
2016 9-10 カードキングダム溝の口店 あそバディカップ(29名)
優勝
1戦目 デンジャー(大暴竜)……まさかのミラー。運ゲー。先にゼルギュラグネして勝利
2戦目 楽園天国……得意な相手ではないが、ゼルギュラグネを計2発叩き込んでなんとか
3戦目 楽園天国……得意な相手ではないが、早めのゼルギュラグネで突破
4戦目 マジック(72柱)……72柱に相性がよいのは大暴竜の強みの一つ。早めのゼルギュラグネで勝利
5戦目 楽園天国……得意な相手ではないが、……相手にプレイミスがあったそうな?


弱み・カスタマイズポイント

■弱み■
サイズ3で防御力7000であるため、なかなか対抗除去されにくい《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》ではあるのだが、それでも除去されれば終わり。
具体的に苦手なのは、
・『反撃』
 1回は攻撃を通せるかもしれないが、二回攻撃をする前に破壊されてしまう。
 特に怒羅魂頭は横にいて『貫通』も効かないため、かなり相性が悪い。
・《五角竜王 ドラム》
 他のデュエルドラゴンでアタックフェイズのうちに破壊してしまうしかないか?
・サイズ不問の破壊・バウンス魔法
 あまり見るものではないが、《ドラゴニック・エアレイド》や《ウープス!》など。使われたら諦めるしかない。

更に、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》は攻撃力が9000なので、防御力10000を突破することができない。
一応、《神王降臨の儀》でメインフェイズ中に出した場合は、サイズ0モンスターとの連携攻撃で10000以上を出すこともできるが……。
具体的に苦手なのは
・《二角魔王 アスモダイ》
 防御力10000を突破できない上に、反撃をされるので効果ダメージも1回しか発動できないまま倒されてしまう。
・《終焉魔竜 アジダハーカ》
 防御力10000を突破できない上に、突破したとしても単独攻撃を無効化する《終焉魔剣 アクワルタ・グワルナフ》を装備されてしまう。

更に、アタックしないことには無意味なので、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》をレストにする効果も苦手。
ちなみに必殺モンスターは、コールしたあとアタックする前に必ず、お互いが【対抗】や自動能力を使えるタイミングがあるため、レスト効果で封じることができてしまう。
具体的に苦手なのは
・《忍法 蛇睨み》
 カタナワールド随一の防御魔法。10点与えたいのに、コストの1点で止められてしまう。連発コールで何とかするしかない。
・ゾディアック類
 能力”グラビティレスト”で封じられてしまう。アタックフェイズのうちに他のデュエルドラゴンで倒したい。

一部の、ダメージを受けない能力を持つモンスターもどうしようもない。出てくる前に殺すのが主な対処法。
・《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》
 『貫通』も効果ダメージも効かず、『ソウルガード』で2回攻撃くらいなら軽々さばくし、防御6000があってアタックフェイズのうちに処理しにくい。
 他のジャックナイフなら(『反撃』されなければ)倒せると思うので、アステールが出てくる前に何とか。
・《剛腕無双番長 デュエルイェーガー “リボルテッド”》
 同じく『貫通』も効果ダメージも効かない相手だが、幸いにして今は竜王番長デッキそのものが大して強くない。
 出すまでにターンがかかるなら速攻で倒せるし、すぐに出てきた場合も防御力が3000しかないので、デュエルドラゴンで殴って勝てるかも。

■カスタマイズポイント■
デュエルドラゴンの配分はお好みで。

防御魔法について。
《闘気四方陣》や《鳳凰壁》なら採用することはできるが、基本的には必要ない、というよりも邪魔になると感じる。
相手のデッキタイプにもよるが、苦手なデッキタイプ相手には「相手のカードが揃う前にゼルギュラグネを出して勝つ」のが勝ち筋になるので、
大暴竜ゼルギュラグネを速攻で出す上で役に立たないカードは減らすべきだと思う。
攻撃こそ最大の防御である。
《シャドウ・クルセイダー》は別腹。

魔法の選択肢として《斬魔障壁》がある。《斬魔招来》で落とした時に手札に加えられる。
主に『反撃』対策として、ゼルギュラグネをライトかレフトにコールした上でこの魔法を使えば、破壊を1回防ぐことができる。
ゼルギュラグネが攻撃した時の能力に【対抗】して破壊効果を使われると、この魔法を使うタイミングがないので、防げるのは『反撃』や五角竜王ドラムの能力1回分くらい。
微妙だが、一応は苦手な『反撃』の対策にはなる。

まれに、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》が4枚ともデッキからドロップゾーンやゲージに行ってしまい、ゼルギュラグネをコールできずに負けるということがある。まれに。
そういう場合を考えるならば、ドロップゾーンからデュエルドラゴンを回収できる《不屈の闘志》も選択肢に入るのだが、基本的には杞憂だと思う。
《不屈の闘志》にデュエルドラゴン属性がついていれば、真っ先に入れるところなのだが……。

デュエルドラゴン以外のモンスターとしては、《音速の獄卒 ヘルゲパルド》は、『移動』は無駄になるものの、1ゲージで防御力6000のソウルガード、更に破壊された時にデッキから2枚をドロップゾーンに置くということで、1枚入れてみてもいいのかもしれない。

『角王』の中では《裏・五角竜王 荒天武》を検討したい。
苦手な五角竜王ドラムやゾディアックなどを1発で対処できる可能性がある。

構築最低予算
2129円

大会実績
大会名:あそバディカップ
大会結果:優勝
大会参加人数:28名
大会日付:2016-09-10

※ 強み・弱み部分のカード名を《》でくくるとリンクになります。ご活用下さい。
バディファイトのカード名入力は、Wikiのカード名変換辞書をダウンロードして使うと便利です。

閲覧数:2121 イイネ数:24 更新日時:2016-10-26 21:49

コメント

コメントするには、Twitter連携が必要です。

小さなデンジャーおじさんの投稿した他のデッキレシピ

→小さなデンジャーおじさんのバディファイトデッキレシピを絞り込む

《デンジャーワールド》の他のデッキレシピ

→《デンジャーワールド》のバディファイト デッキレシピを絞り込む