iofuku【月影大盾軸忍者】デッキレシピ


ワールド : 《カタナワールド》 投稿者:いおふく(@iofuku)



画像付きTweetするには、Twitter連携が必要です。




デッキ名
【月影大盾軸忍者】
サイズ 種類 カード名 属性表示 攻・打・防 小計
- フラッグ  1 × 《カタナワールド》(ワールド) -- 50円
3 モンスター  4 × 《月影 大盾》 (バディ) 5000 / 2 / 9000 200円
3 モンスター  3 × 《豪族忍者 百地丹波》 7000 / 2 / 6000 3円
2 モンスター  4 × 《エージェント忍者 林蔵》 3000 / 2 / 6000 4円
1 モンスター  4 × 《電子忍者 紫電》 3000 / 1 / 1000 200円
- 魔法  4 × 《うつせみの術》 -- 40円
- 魔法  4 × 《忍法 玉鋼》 -- 4円
- 魔法  4 × 《明鏡止水》 -- 560円
- 魔法  4 × 《鬼道 月白斬り》 -- 4円
- 魔法  3 × 《忍び巻物》 -- 3円
- 魔法  3 × 《爆殺奈落送りの術》 -- 60円
- 魔法  2 × 《鬼道 桜吹雪》 -- 356円
- 魔法  4 × 《真剣白刃取り》 -- 4円
- 必殺技  3 × 《秘剣 絶命陣》 -- 150円
- 必殺技  2 × 《秘剣 星砕き》 -- 300円
- 魔法  2 × 《バディチャージ》 -- 100円
構築最低予算1988円
バディ
《月影 大盾》
強み・プレイング・コンボ

《月影 大盾》による鉄壁の守りを維持しつつ、豊富なサポートカードでアドを取っていく大盾軸の基本型です。

《月影 大盾》はコールコスト2、連携攻撃無効に2ゲージと、運用するにはやや重めですが、このカードの真骨頂は守備力9000による反撃耐性です。《ドラゴエナジー》を筆頭とする3000上昇のパンプアップ系コンバットトリックはビートダウンでは常に念頭に置かなければならない事柄ですが、《月影 大盾》は守備力が9000あるため、相手の攻撃力5000ラインまでの反撃を実質無効にすることができます。相手のコンバットトリックの範囲を狭めることで、返り討ちを恐れずに二回攻撃で潰すことができるのが隠された利点であると言えるでしょう。二回攻撃があることで、相手の攻め手を削ぐ殲滅戦、所謂「潰し」が強いモンスターです。複数展開された相手の低サイズモンスターを潰しつつ、隙があればセンターを殴ってライフを削っていきましょう。連携攻撃無効もゲージに余裕があれば強く、《ピラー・オブ・ファイヤー》に除去の全てを頼っている甘えた構築のダンジョン相手なら無類の強さを誇ります。《ローリング・ストーン》は流石に無理なので、《鬼道 桜吹雪》《秘剣 星砕き》で対策しましょう。

除去やバウンスに弱いのが難点ですが、《アルティメット・バディ!》を入れることで、破壊耐性を付与しつつ、不安の残る攻撃力5000という数値を底上げした形になっております。加えてゲージ管理の苦しさを《バディチャージ》で補うことで、即座に連携無効の効果を発動でき、《秘剣 絶命陣》も構えやすくなっております。アンセム等の高攻撃力の武器も鬼門ですが、武器攻撃は《真剣白刃取り》でドローに変換できるのが強みです。《忍法 玉鋼》《アルティメット・バディ》で攻めは一応8000〜10000ラインまで見ることができ、《忍法 玉鋼》《月影 大盾》だけでなく、防御6000の《エージェント忍者 林蔵》ともシナジーがあります。《豪族忍者 百道丹波》は、《月影 大盾》が来ない時用のサブアタッカーであり、単体で《双竜剣 ドラゴアンセム》に突破されず、《忍法 玉鋼》で10000ラインまで攻撃力を上げられるため採用しました。カタナでは貴重なライフ1点回復効果も美味しく、消耗戦になった時に、ライフを回復しつつ《鬼道 桜吹雪》のコストを賄うことができます。

弱み・カスタマイズポイント

最大の難敵はやはり《インフェルノアーマー・ドラゴン》でしょう。できれば《月影 大盾》を構えたら、即座に《アルティメット・バディ!》で補強しつつ、サイズ3を《爆殺奈落送りの術》に仕込んで、2発目の破壊を回避しましょう。加えて、《アルティメット・バディ!》に対抗して《ウープス!》を撃たれるのもかなり辛くはあります。武器との連携攻撃に対して《真剣白刃取り》を撃ちたくはありますが、相手が魔法無効を構えていそうなら、素直に《月影 大盾》の効果による連携無効を使うなど、相手に合わせての柔軟なプレイングが必須となります。

これはあくまで基本型ですので、タイプに合わせて防御札を増やすなり、調整するなりしていきましょう。

大会実績
大会名:
結果:
参加人数:
大会日付:
【月影大盾軸忍者】

デッキレシピ
1 × 《カタナワールド》
4 × 《月影 大盾》
3 × 《豪族忍者 百地丹波》
4 × 《エージェント忍者 林蔵》
4 × 《電子忍者 紫電》
4 × 《うつせみの術》
4 × 《忍法 玉鋼》
4 × 《明鏡止水》
4 × 《鬼道 月白斬り》
3 × 《忍び巻物》
3 × 《爆殺奈落送りの術》
2 × 《鬼道 桜吹雪》
4 × 《真剣白刃取り》
3 × 《秘剣 絶命陣》
2 × 《秘剣 星砕き》
2 × 《バディチャージ》

バディ
《月影 大盾》

強み・プレイング・コンボ

《月影 大盾》による鉄壁の守りを維持しつつ、豊富なサポートカードでアドを取っていく大盾軸の基本型です。

《月影 大盾》はコールコスト2、連携攻撃無効に2ゲージと、運用するにはやや重めですが、このカードの真骨頂は守備力9000による反撃耐性です。《ドラゴエナジー》を筆頭とする3000上昇のパンプアップ系コンバットトリックはビートダウンでは常に念頭に置かなければならない事柄ですが、《月影 大盾》は守備力が9000あるため、相手の攻撃力5000ラインまでの反撃を実質無効にすることができます。相手のコンバットトリックの範囲を狭めることで、返り討ちを恐れずに二回攻撃で潰すことができるのが隠された利点であると言えるでしょう。二回攻撃があることで、相手の攻め手を削ぐ殲滅戦、所謂「潰し」が強いモンスターです。複数展開された相手の低サイズモンスターを潰しつつ、隙があればセンターを殴ってライフを削っていきましょう。連携攻撃無効もゲージに余裕があれば強く、《ピラー・オブ・ファイヤー》に除去の全てを頼っている甘えた構築のダンジョン相手なら無類の強さを誇ります。《ローリング・ストーン》は流石に無理なので、《鬼道 桜吹雪》や《秘剣 星砕き》で対策しましょう。

除去やバウンスに弱いのが難点ですが、《アルティメット・バディ!》を入れることで、破壊耐性を付与しつつ、不安の残る攻撃力5000という数値を底上げした形になっております。加えてゲージ管理の苦しさを《バディチャージ》で補うことで、即座に連携無効の効果を発動でき、《秘剣 絶命陣》も構えやすくなっております。アンセム等の高攻撃力の武器も鬼門ですが、武器攻撃は《真剣白刃取り》でドローに変換できるのが強みです。《忍法 玉鋼》や《アルティメット・バディ》で攻めは一応8000〜10000ラインまで見ることができ、《忍法 玉鋼》は《月影 大盾》だけでなく、防御6000の《エージェント忍者 林蔵》ともシナジーがあります。《豪族忍者 百道丹波》は、《月影 大盾》が来ない時用のサブアタッカーであり、単体で《双竜剣 ドラゴアンセム》に突破されず、《忍法 玉鋼》で10000ラインまで攻撃力を上げられるため採用しました。カタナでは貴重なライフ1点回復効果も美味しく、消耗戦になった時に、ライフを回復しつつ《鬼道 桜吹雪》のコストを賄うことができます。


弱み・カスタマイズポイント

最大の難敵はやはり《インフェルノアーマー・ドラゴン》でしょう。できれば《月影 大盾》を構えたら、即座に《アルティメット・バディ!》で補強しつつ、サイズ3を《爆殺奈落送りの術》に仕込んで、2発目の破壊を回避しましょう。加えて、《アルティメット・バディ!》に対抗して《ウープス!》を撃たれるのもかなり辛くはあります。武器との連携攻撃に対して《真剣白刃取り》を撃ちたくはありますが、相手が魔法無効を構えていそうなら、素直に《月影 大盾》の効果による連携無効を使うなど、相手に合わせての柔軟なプレイングが必須となります。

これはあくまで基本型ですので、タイプに合わせて防御札を増やすなり、調整するなりしていきましょう。

構築最低予算
1988円

大会実績
大会名:
大会結果:
大会参加人数:
大会日付:

※ 強み・弱み部分のカード名を《》でくくるとリンクになります。ご活用下さい。
バディファイトのカード名入力は、Wikiのカード名変換辞書をダウンロードして使うと便利です。

閲覧数:4802 イイネ数:270 更新日時:2014-10-14 18:50

コメント

バディが、四枚になってませんか?



Dmiossword  2015-01-22 14:36

コメントするには、Twitter連携が必要です。

いおふくの投稿した他のデッキレシピ

→いおふくのバディファイトデッキレシピを絞り込む

《カタナワールド》の他のデッキレシピ

→《カタナワールド》のバディファイト デッキレシピを絞り込む