kuma_pld【エターナルコフィン】デッキレシピ


ワールド : 《レジェンドワールド》 投稿者:くま(@kuma_pld)



画像付きTweetするには、Twitter連携が必要です。


 

デッキ名
【エターナルコフィン】
サイズ 種類 カード名 属性表示 攻・打・防 小計
- フラッグ  1 × 《レジェンドワールド》(ワールド) -- 30円
- 魔法  3 × 《ダメージ・コントロール》 -- 90円
2 モンスター  4 × 《壱の試練 ネメアの金獅子》 4000 / 2 / 3000 120円
2 モンスター  4 × 《星神 アストライオス》 6000 / 2 / 6000 40円
1 モンスター  4 × 《リゲル・オリオン》 3000 / 1 / 2000 40円
1 モンスター  1 × 《カペラ・オウリガー》 4000 / 1 / 5000 20円
1 モンスター  1 × 《獅子の星守り レアオン》 4000 / 1 / 1000 180円
- モンスター  5 × 《幻星の巨神 アストライオス》 (バディ) 2000 / 1 / 2000 1500円
- モンスター  4 × 《紐魚の星守り ペイシス》 3000 / 1 / 1000 200円
- モンスター  2 × 《白羊の星守り アリエス》 2000 / 1 / 1000 80円
- 魔法  4 × 《グレムリンの嘲笑》 -- 1200円
- 魔法  4 × 《大運命 凍てつく星辰》 -- 600円
- 魔法  4 × 《星降る夜》 -- 80円
- 魔法  3 × 《聖杯》 -- 450円
- 魔法  2 × 《スンベル・ガルド》 -- 20円
- 魔法  2 × 《星を守りし者たち》 -- 60円
- 魔法  1 × 《知識の盾 テトラビブリオン》 -- 16円
- 魔法  3 × 《ルア・ノヴァ》 -- 600円
構築最低予算5296円
バディ
《幻星の巨神 アストライオス》
強み・プレイング・コンボ

■概要
バディファイトというゲームは、基本的にアイテムとモンスターで相手のライフを0にするゲームです。
シリーズが増えカードプールが追加されるたびに、それらのカードは能力を付与され強化されていきます。
《大運命 凍てつく星辰》はその強化を否定し、原初の殴り合いへと引きずりおろすカード。これを用いてゲームをコントロールするのが基本戦略です。

《謎多き占い師 ソフィア》の発表によって、このアーキタイプは強化されることが考えられます。リリース前の叩き台としてレシピを公開しておきます

■指針
《星神 アストライオス》《幻星の巨神 アストライオス》《大運命 凍てつく星辰》の3枚を揃えることを意識してプレイします。
上記のパーツを集めることに注力する関係で、序盤は手札の消耗が激しくなることが多いです。
相手にもよりますが、基本的にはアストライオスセットを揃えることをまず優先し手札を確保しましょう。
アストライオスを揃える段階では、《幻星の巨神 アストライオス》はドロップから《星降る夜》で配置が可能である点、《星神 アストライオス》が出てからはサーチカードである《壱の試練 ネメアの金獅子》は腐ることを意識して取捨選択をしましょう。

■防御面
レフト・ライトにモンスターを配置する関係上、センターが空きやすく直接ライフを責められることになります。
序盤は直接攻撃を防げる防御札をキープし、アストライオスセットによるドローを見越したあたりから《ダメージ・コントロール》を活用していきます。
《カペラ・オウリガー》はバニラですが防御力が5000あります。相手の攻撃順によっては《星降る夜》を差し挟むことによって被ダメージを減らせるケースがあるので留意してください。
《紐魚の星守り ペイシス》《ダメージ・コントロール》経由で使用することで場に戻り複数の攻撃を防いでくれます。
ゲージ用魔法ですが、《星を守りし者たち》でライフ回復ができることも重要です。

■後半戦
《大運命 凍てつく星辰》が成立した後は、アストライオスセットでバーンとドローの支援を受けつつ死なないように詰めていきます。
余裕があるときは、相手のエンド前に《星降る夜》《幻星の巨神 アストライオス》をセンターに戻して2度能力を使用したいところです。
また、盤面完了後にはゲージを使うことはありません。不要なチャージは行わずデッキ切れを起こさないように注意しましょう。
難しいですが直接ダメージ系の必殺技が想定される相手には、序盤から極力ライフを維持するように意識してください。

弱み・カスタマイズポイント

■アーキタイプ上の急所
・一気にライフを詰められる
《大運命 凍てつく星辰》が打ち消される
《大運命 凍てつく星辰》が破壊される
《大運命 凍てつく星辰》の条件であるレフト、ライトの星がバウンスされる

破壊されない《星神 アストライオス》を、同じく能力無効を交えて処理される場合も危険です。
ミラーマッチ、《妖精王 オベロン》《竜装機 アーティライガー》などが想定される相手には注意しましょう。
また、《大運命 凍てつく星辰》が成立してもアストライオスがセットで揃わないと、手札が痩せ細って敗北する要素が増えてしまいます。

■構築について
現在は《革命者 ゼータ》《リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”》が存在することもあり、
《大運命 凍てつく星辰》を成立させることを優先した構築になっています。
コンボパーツ集めのために採用した《ルア・ノヴァ》ですが、あまり効率的なカードではありません。
場を埋めずにドローの機会を得ることを目的とした札ですので交換候補としては筆頭でしょうか。
プレイされる環境に魔法破壊が多いようであれば、《知識の盾 テトラビブリオン》を増やすのが効果的です。
デッキの中のソフィアも増えて幸せになれるでしょう。

大会実績
大会名:CK川口あそバディカップ
結果:優勝
参加人数:24名
大会日付:2016-10-15
【エターナルコフィン】

デッキレシピ
1 × 《レジェンドワールド》
3 × 《ダメージ・コントロール》
4 × 《壱の試練 ネメアの金獅子》
4 × 《星神 アストライオス》
4 × 《リゲル・オリオン》
1 × 《カペラ・オウリガー》
1 × 《獅子の星守り レアオン》
5 × 《幻星の巨神 アストライオス》
4 × 《紐魚の星守り ペイシス》
2 × 《白羊の星守り アリエス》
4 × 《グレムリンの嘲笑》
4 × 《大運命 凍てつく星辰》
4 × 《星降る夜》
3 × 《聖杯》
2 × 《スンベル・ガルド》
2 × 《星を守りし者たち》
1 × 《知識の盾 テトラビブリオン》
3 × 《ルア・ノヴァ》

バディ
《幻星の巨神 アストライオス》

強み・プレイング・コンボ

■概要
バディファイトというゲームは、基本的にアイテムとモンスターで相手のライフを0にするゲームです。
シリーズが増えカードプールが追加されるたびに、それらのカードは能力を付与され強化されていきます。
《大運命 凍てつく星辰》はその強化を否定し、原初の殴り合いへと引きずりおろすカード。これを用いてゲームをコントロールするのが基本戦略です。

※《謎多き占い師 ソフィア》の発表によって、このアーキタイプは強化されることが考えられます。リリース前の叩き台としてレシピを公開しておきます

■指針
《星神 アストライオス》、《幻星の巨神 アストライオス》、《大運命 凍てつく星辰》の3枚を揃えることを意識してプレイします。
上記のパーツを集めることに注力する関係で、序盤は手札の消耗が激しくなることが多いです。
相手にもよりますが、基本的にはアストライオスセットを揃えることをまず優先し手札を確保しましょう。
アストライオスを揃える段階では、《幻星の巨神 アストライオス》はドロップから《星降る夜》で配置が可能である点、《星神 アストライオス》が出てからはサーチカードである《壱の試練 ネメアの金獅子》は腐ることを意識して取捨選択をしましょう。

■防御面
レフト・ライトにモンスターを配置する関係上、センターが空きやすく直接ライフを責められることになります。
序盤は直接攻撃を防げる防御札をキープし、アストライオスセットによるドローを見越したあたりから《ダメージ・コントロール》を活用していきます。
《カペラ・オウリガー》はバニラですが防御力が5000あります。相手の攻撃順によっては《星降る夜》を差し挟むことによって被ダメージを減らせるケースがあるので留意してください。
《紐魚の星守り ペイシス》は《ダメージ・コントロール》経由で使用することで場に戻り複数の攻撃を防いでくれます。
ゲージ用魔法ですが、《星を守りし者たち》でライフ回復ができることも重要です。

■後半戦
《大運命 凍てつく星辰》が成立した後は、アストライオスセットでバーンとドローの支援を受けつつ死なないように詰めていきます。
余裕があるときは、相手のエンド前に《星降る夜》で《幻星の巨神 アストライオス》をセンターに戻して2度能力を使用したいところです。
また、盤面完了後にはゲージを使うことはありません。不要なチャージは行わずデッキ切れを起こさないように注意しましょう。
難しいですが直接ダメージ系の必殺技が想定される相手には、序盤から極力ライフを維持するように意識してください。


弱み・カスタマイズポイント

■アーキタイプ上の急所
・一気にライフを詰められる
・《大運命 凍てつく星辰》が打ち消される
・《大運命 凍てつく星辰》が破壊される
・《大運命 凍てつく星辰》の条件であるレフト、ライトの星がバウンスされる

破壊されない《星神 アストライオス》を、同じく能力無効を交えて処理される場合も危険です。
ミラーマッチ、《妖精王 オベロン》、《竜装機 アーティライガー》などが想定される相手には注意しましょう。
また、《大運命 凍てつく星辰》が成立してもアストライオスがセットで揃わないと、手札が痩せ細って敗北する要素が増えてしまいます。

■構築について
現在は《革命者 ゼータ》と《リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”》が存在することもあり、
《大運命 凍てつく星辰》を成立させることを優先した構築になっています。
コンボパーツ集めのために採用した《ルア・ノヴァ》ですが、あまり効率的なカードではありません。
場を埋めずにドローの機会を得ることを目的とした札ですので交換候補としては筆頭でしょうか。
プレイされる環境に魔法破壊が多いようであれば、《知識の盾 テトラビブリオン》を増やすのが効果的です。
デッキの中のソフィアも増えて幸せになれるでしょう。

構築最低予算
5296円

大会実績
大会名:CK川口あそバディカップ
大会結果:優勝
大会参加人数:24名
大会日付:2016-10-15

※ 強み・弱み部分のカード名を《》でくくるとリンクになります。ご活用下さい。
バディファイトのカード名入力は、Wikiのカード名変換辞書をダウンロードして使うと便利です。

閲覧数:916 イイネ数:16 更新日時:2016-12-29 15:21

コメント

コメントするには、Twitter連携が必要です。

くまの投稿した他のデッキレシピ

→くまのバディファイトデッキレシピを絞り込む

《レジェンドワールド》の他のデッキレシピ

→《レジェンドワールド》のバディファイト デッキレシピを絞り込む