pokerin05【必殺デモンゴドル】デッキレシピ


ワールド : 《デンジャーワールド》 投稿者:05(@pokerin05)



画像付きTweetするには、Twitter連携が必要です。


 

デッキ名
【必殺デモンゴドル】
サイズ 種類 カード名 属性表示 攻・打・防 小計
- フラッグ  1 × 《デンジャーワールド》(ワールド) -- 50円
2 モンスター  1 × 《格闘竜 デモンゴドル》 5000 / 2 / 3000 40円
1 モンスター  5 × 《原初の格闘竜 デモンゴドル》 (バディ) 2000 / 2 / 2000 100円
1 モンスター  3 × 《魔竜の眷属 ギリエルガ》 4000 / 2 / 1000 60円
1 モンスター  2 × 《突神竜 ガエルゴルガ・アーク》 4000 / 3 / 3000 20円
- モンスター  3 × 《八角闘竜スピアドス》 2000 / 1 / 2000 90円
- 魔法  3 × 《闘気四方陣》 -- 30円
- 魔法  3 × 《闘魂合身》 -- 234円
- 魔法  1 × 《死中活路》 -- 30円
- 魔法  4 × 《裂神呼法》 -- 320円
- 魔法  3 × 《デンジャラス REIZI》 -- 90円
- 魔法  3 × 《斬魔障壁》 -- 54円
- 魔法  3 × 《超力充填》 -- 930円
- 魔法  2 × 《天衝撃》 -- 2円
- アイテム  4 × 《百鬼槍 鬼崩し》 5000 / 2 / ------ 80円
- アイテム  2 × 《八角槍 嵐突き》 6000 / 2 / ------ 2円
- アイテム  2 × 《獄斧 魔風閃》 4000 / 3 / ------ 20円
2 必殺モンスター  4 × 《デモンゴドル “ゴドリック・ジョルト!”》 8000 / 3 / 5000 60円
- 魔法  3 × 《危竜同舟》 -- 3円
構築最低予算2165円
バディ
《原初の格闘竜 デモンゴドル》
強み・プレイング・コンボ

攻撃誘導と反撃効果を持つ必殺ゴドルで勝利を目指すデッキ

同様の効果を持つエンシェントのドラゴンヘッドとの差別点は
有利な点
・デンジャーWの強力な武器が使える
・手札を捨ててアイテム破壊出来るため、破壊耐性の無いアイテムを使うデッキに有利
・闘魂合身で防御1万以上が手軽に出せるため、これ1枚で相手ターンを凌げることもある
・ライフリンクが無いため立て直しやすい
・デンジャラスREIZIにより毎ターンソウルが確保出来る

不利な点
・元々の防御力と一竜当千により、ビリオンの方が少ない枚数で1枚では突破しにくい防御数値が出せる
・天竜開闢、竜王伝、天竜神明、危死竜生とドローはエンシェントの方が優秀
・必殺ゴドルの素材にサイズ0~2を使うため、サイズ3が素材のドラヘより素材が対抗破壊にやられる場面が多い
 
等が挙げられます

原初ゴドルのサーチ先としては
主力となる必殺ゴドル
次ターンも見越した盤面維持には原初ゴドル
必殺ゴドルが既に手札にあって4ゲージ以上が確保出来る場合のみ通常ゴドル
危竜同舟ならドロップの原初ゴドルをソウルに回収しつつ1ゲージプラスするので無理なく実現可能

魔竜の眷属ギリエルガによってゲージ確保がしやすくなり
手札次第では超力充填をゲージ送りにしてもゲージに困らないプレイングも可能になりました

弱み・カスタマイズポイント

直接戦闘をせずに効果破壊を多用するデッキには反撃が活かせず苦手

アーマナイト・ハティーを入れると相手の連携を不可能にさせることが出来るのもドラヘにはない強み
防御力を上げた必殺ゴドルと合わせればまさに鉄壁
ただし、ほぼ全てのデッキに効果破壊がある環境なのでハティーが破壊されて崩れる

必殺ゴドルの素材にはなりませんが、サイドに出すサイズ1としてタイラント・ジンを使い
必殺ゴドルに守ってもらうことで複数回 回復効果を使って寿命を長引かせることが可能

初見限定でバディをゼルギュラグネにすることで、墓地肥やしを嫌がった相手が対抗破壊を渋り
素材が生き残って必殺ゴドルが出しやすくなる?・・・・・・かもしれない

大会実績
大会名:
結果:
参加人数:
大会日付:
【必殺デモンゴドル】

デッキレシピ
1 × 《デンジャーワールド》
1 × 《格闘竜 デモンゴドル》
5 × 《原初の格闘竜 デモンゴドル》
3 × 《魔竜の眷属 ギリエルガ》
2 × 《突神竜 ガエルゴルガ・アーク》
3 × 《八角闘竜スピアドス》
3 × 《闘気四方陣》
3 × 《闘魂合身》
1 × 《死中活路》
4 × 《裂神呼法》
3 × 《デンジャラス REIZI》
3 × 《斬魔障壁》
3 × 《超力充填》
2 × 《天衝撃》
4 × 《百鬼槍 鬼崩し》
2 × 《八角槍 嵐突き》
2 × 《獄斧 魔風閃》
4 × 《デモンゴドル “ゴドリック・ジョルト!”》
3 × 《危竜同舟》

バディ
《原初の格闘竜 デモンゴドル》

強み・プレイング・コンボ

攻撃誘導と反撃効果を持つ必殺ゴドルで勝利を目指すデッキ

同様の効果を持つエンシェントのドラゴンヘッドとの差別点は
有利な点
・デンジャーWの強力な武器が使える
・手札を捨ててアイテム破壊出来るため、破壊耐性の無いアイテムを使うデッキに有利
・闘魂合身で防御1万以上が手軽に出せるため、これ1枚で相手ターンを凌げることもある
・ライフリンクが無いため立て直しやすい
・デンジャラスREIZIにより毎ターンソウルが確保出来る

不利な点
・元々の防御力と一竜当千により、ビリオンの方が少ない枚数で1枚では突破しにくい防御数値が出せる
・天竜開闢、竜王伝、天竜神明、危死竜生とドローはエンシェントの方が優秀
・必殺ゴドルの素材にサイズ0~2を使うため、サイズ3が素材のドラヘより素材が対抗破壊にやられる場面が多い
 
等が挙げられます

原初ゴドルのサーチ先としては
主力となる必殺ゴドル
次ターンも見越した盤面維持には原初ゴドル
必殺ゴドルが既に手札にあって4ゲージ以上が確保出来る場合のみ通常ゴドル
危竜同舟ならドロップの原初ゴドルをソウルに回収しつつ1ゲージプラスするので無理なく実現可能

魔竜の眷属ギリエルガによってゲージ確保がしやすくなり
手札次第では超力充填をゲージ送りにしてもゲージに困らないプレイングも可能になりました


弱み・カスタマイズポイント

直接戦闘をせずに効果破壊を多用するデッキには反撃が活かせず苦手

アーマナイト・ハティーを入れると相手の連携を不可能にさせることが出来るのもドラヘにはない強み
防御力を上げた必殺ゴドルと合わせればまさに鉄壁
ただし、ほぼ全てのデッキに効果破壊がある環境なのでハティーが破壊されて崩れる

必殺ゴドルの素材にはなりませんが、サイドに出すサイズ1としてタイラント・ジンを使い
必殺ゴドルに守ってもらうことで複数回 回復効果を使って寿命を長引かせることが可能

初見限定でバディをゼルギュラグネにすることで、墓地肥やしを嫌がった相手が対抗破壊を渋り
素材が生き残って必殺ゴドルが出しやすくなる?・・・・・・かもしれない

構築最低予算
2165円

大会実績
大会名:
大会結果:
大会参加人数:
大会日付:

※ 強み・弱み部分のカード名を《》でくくるとリンクになります。ご活用下さい。
バディファイトのカード名入力は、Wikiのカード名変換辞書をダウンロードして使うと便利です。

閲覧数:848 イイネ数:35 更新日時:2016-11-27 23:05

コメント

コメントするには、Twitter連携が必要です。

05の投稿した他のデッキレシピ

→05のバディファイトデッキレシピを絞り込む

《デンジャーワールド》の他のデッキレシピ

→《デンジャーワールド》のバディファイト デッキレシピを絞り込む