204notzerfig【このゲームって相手のデッキを0にすれば勝つんだろ?】デッキレシピ


ワールド : 《ダークネスドラゴンワールド》 投稿者:舞雨-brain(@204notzerfig)



画像付きTweetするには、Twitter連携が必要です。


 

デッキ名
【このゲームって相手のデッキを0にすれば勝つんだろ?】
サイズ 種類 カード名 属性表示 攻・打・防 小計
- フラッグ  1 × 《ダークネスドラゴンワールド》(ワールド) -- 50円
1 モンスター  4 × 《漆黒の死神 ガイト》 4000 / 2 / 1000 1224円
1 モンスター  4 × 《覚醒の黒死竜 アビゲール》 6000 / 2 / 1000 1200円
1 モンスター  4 × 《黒き爆風 デスナパーム》 2000 / 2 / 2000 800円
1 モンスター  4 × 《黒キ鎧 アビゲール》 4000 / 2 / 1000 400円
1 モンスター  3 × 《黒き王冠 ザクラウン》 3000 / 1 / 2000 840円
1 モンスター  2 × 《逆襲の黒死竜 アビゲール》 6000 / 2 / 1000 4000円
1 モンスター  2 × 《邪王の従僕 ナイトメア》 2000 / 2 / 2000 100円
- モンスター  5 × 《アビゲール “SD”》 (バディ) 2000 / 1 / 1000 750円
- モンスター  2 × 《首狩の獄卒 サイ》 1000 / 1 / 3000 2円
- モンスター  1 × 《黒き狼 ウルヴァ》 2000 / 1 / 1000 10円
- 魔法  4 × 《エネミーウォール》 -- 4円
- 魔法  4 × 《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》 -- 2240円
- 魔法  4 × 《刃ノ黒衣》 -- 120円
- 魔法  4 × 《悪夢ノ檻》 -- 68円
- 魔法  3 × 《ゲイル・デストラクション》 -- 180円
- 魔法  3 × 《尊キ犠牲》 -- 540円
- 魔法  2 × 《サン・イン・ザ・ダークネス》 -- 22円
- 魔法  2 × 《ブラック・バッド・バラッド》 -- 40円
- 魔法  2 × 《ミリオン・エッジ》 -- 92円
- 魔法  1 × 《ダークネス・ルーン》 -- 250円
- アイテム  2 × 《ドラゴンフォース(ダークネスドラゴンワールド)》 8000 / 3 / ------ 800円
- アイテム  1 × 《ドラゴンフォース “逆襲の型”》 8000 / 3 / ------ 800円
3 必殺モンスター  2 × 《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》 8000 / 2 / 7000 1960円
構築最低予算16442円
バディ
《アビゲール “SD”》
強み・プレイング・コンボ

「バディファイトの勝ち方…それは、相手のデッキを0にすることだ!!」

いろいろ言いたいことはあると思いますが,こういうデッキなんですw
あれから前の構築で回してみましたが…《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》を引けないと安定しなかったり,サイズ3ソウルガードor破壊耐性持ち大型モンスターや速攻デッキなどに弱いと感じました。
そして,大人しく《黒き死竜 アビゲール》を積んでからは,手札切れが…。ソウルガード持っているやつは,《首狩の獄卒 サイ》や,《ダークネス・ルーン》で対処すれば良いし,《ドラゴンフォース(ダークネスドラゴンワールド)》解放するためのアビゲール名称ならゲージ消費しない《黒キ鎧 アビゲール》とか,手札捨てずに破壊&デッキ破壊出来る《覚醒の黒死竜 アビゲール》で良くね…って思ったので《黒き死竜 アビゲール》外しました()。
カードを引けたり,除去もできるかもしれなくて,バディが《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》だと相手にいろいろ怪しまれることが分かった()ので,《アビゲール “SD”》をバディに設定してみました。ちゃんと《ゲイル・デストラクション》は使えます。
今では,《ドラゴンフォース(ダークネスドラゴンワールド)》でライフを一時的に6以下にしないとですが,そこはコントロール出来るようになっています。ドローソースはある程度あって,《黒き死竜 アビゲール》も積まなくなったので,手札切れはあまり起こさなくなりました。
やはり狙うは相手のデッキのみ。《アビゲール “バニシング・デスホール!”》など不要。
殆どのカードは相手のデッキを削るためのカード。それでも,コールコストや破壊できるデッキの枚数からカードを選別,それで出来たのがこのデッキですw何かで相手を破壊して,《黒き狼 ウルヴァ》を蘇生,このデッキの切り札,《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》の生贄を確保,というようなカードはデッキ破壊関係なく入れています。このデッキは,《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》タイプなので,登場時に相手のデッキを破壊する 《黒き背徳 エイジスト》を呼んで,相手ターンにデッキを削る,ということも可能です。《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》で呼ぶ1体に,《黒き王冠 ザクラウン》でも選べば,コストでゲージが減るどころかむしろ増える一方w《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》のコールコストのゲージ3も普通に貯まりますw強い!!
《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》タイプだと,自分のドロップを増やすカードもあると安定。そこで,《首狩の獄卒 サイ》《ミリオン・エッジ》が使える。

ゲージ確保したり,自分もデッキ削るようなカードもあるので,こちらもデッキは50枚丁度にはしていません。自分のデッキ切れたら意味ないですからねw

弱み・カスタマイズポイント

《大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー》みたいなドロップ全部戻すカードはやめてください()
あと灼熱地獄!!実際あのデッキは殆どの人は70枚近くで組んでるからアニメみたいに勝てないからな?!デッキ切らす前に《ガガルガリオス “焦炎獄熱魔波!”》あたりにやられるから!

大会実績
大会名:
結果:
参加人数:
大会日付:
【このゲームって相手のデッキを0にすれば勝つんだろ?】

デッキレシピ
1 × 《ダークネスドラゴンワールド》
4 × 《漆黒の死神 ガイト》
4 × 《覚醒の黒死竜 アビゲール》
4 × 《黒き爆風 デスナパーム》
4 × 《黒キ鎧 アビゲール》
3 × 《黒き王冠 ザクラウン》
2 × 《逆襲の黒死竜 アビゲール》
2 × 《邪王の従僕 ナイトメア》
5 × 《アビゲール “SD”》
2 × 《首狩の獄卒 サイ》
1 × 《黒き狼 ウルヴァ》
4 × 《エネミーウォール》
4 × 《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》
4 × 《刃ノ黒衣》
4 × 《悪夢ノ檻》
3 × 《ゲイル・デストラクション》
3 × 《尊キ犠牲》
2 × 《サン・イン・ザ・ダークネス》
2 × 《ブラック・バッド・バラッド》
2 × 《ミリオン・エッジ》
1 × 《ダークネス・ルーン》
2 × 《ドラゴンフォース(ダークネスドラゴンワールド)》
1 × 《ドラゴンフォース “逆襲の型”》
2 × 《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》

バディ
《アビゲール “SD”》

強み・プレイング・コンボ

「バディファイトの勝ち方…それは、相手のデッキを0にすることだ!!」

いろいろ言いたいことはあると思いますが,こういうデッキなんですw
あれから前の構築で回してみましたが…《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》を引けないと安定しなかったり,サイズ3ソウルガードor破壊耐性持ち大型モンスターや速攻デッキなどに弱いと感じました。
そして,大人しく《黒き死竜 アビゲール》を積んでからは,手札切れが…。ソウルガード持っているやつは,《首狩の獄卒 サイ》や,《ダークネス・ルーン》で対処すれば良いし,《ドラゴンフォース(ダークネスドラゴンワールド)》解放するためのアビゲール名称ならゲージ消費しない《黒キ鎧 アビゲール》とか,手札捨てずに破壊&デッキ破壊出来る《覚醒の黒死竜 アビゲール》で良くね…って思ったので《黒き死竜 アビゲール》外しました()。
カードを引けたり,除去もできるかもしれなくて,バディが《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》だと相手にいろいろ怪しまれることが分かった()ので,《アビゲール “SD”》をバディに設定してみました。ちゃんと《ゲイル・デストラクション》は使えます。
今では,《ドラゴンフォース(ダークネスドラゴンワールド)》でライフを一時的に6以下にしないとですが,そこはコントロール出来るようになっています。ドローソースはある程度あって,《黒き死竜 アビゲール》も積まなくなったので,手札切れはあまり起こさなくなりました。
やはり狙うは相手のデッキのみ。《アビゲール “バニシング・デスホール!”》など不要。
殆どのカードは相手のデッキを削るためのカード。それでも,コールコストや破壊できるデッキの枚数からカードを選別,それで出来たのがこのデッキですw何かで相手を破壊して,《黒き狼 ウルヴァ》を蘇生,このデッキの切り札,《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》の生贄を確保,というようなカードはデッキ破壊関係なく入れています。このデッキは,《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》タイプなので,登場時に相手のデッキを破壊する 《黒き背徳 エイジスト》を呼んで,相手ターンにデッキを削る,ということも可能です。《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》で呼ぶ1体に,《黒き王冠 ザクラウン》でも選べば,コストでゲージが減るどころかむしろ増える一方w《アビゲール“アンリミテッド・デスドレイン!”》のコールコストのゲージ3も普通に貯まりますw強い!!
《ゲート・オブ・ダークネスドラゴン》タイプだと,自分のドロップを増やすカードもあると安定。そこで,《首狩の獄卒 サイ》や《ミリオン・エッジ》が使える。

ゲージ確保したり,自分もデッキ削るようなカードもあるので,こちらもデッキは50枚丁度にはしていません。自分のデッキ切れたら意味ないですからねw


弱み・カスタマイズポイント

《大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー》みたいなドロップ全部戻すカードはやめてください()
あと灼熱地獄!!実際あのデッキは殆どの人は70枚近くで組んでるからアニメみたいに勝てないからな?!デッキ切らす前に《ガガルガリオス “焦炎獄熱魔波!”》あたりにやられるから!

構築最低予算
16442円

大会実績
大会名:
大会結果:
大会参加人数:
大会日付:

※ 強み・弱み部分のカード名を《》でくくるとリンクになります。ご活用下さい。
バディファイトのカード名入力は、Wikiのカード名変換辞書をダウンロードして使うと便利です。

閲覧数:3962 イイネ数:61 更新日時:2017-01-29 14:50

コメント

コメントするには、Twitter連携が必要です。

舞雨-brainの投稿した他のデッキレシピ

→舞雨-brainのバディファイトデッキレシピを絞り込む

《ダークネスドラゴンワールド》の他のデッキレシピ

→《ダークネスドラゴンワールド》のバディファイト デッキレシピを絞り込む