doralo315【顎関節症(シャドウシェイド)】デッキレシピ


ワールド : 《マジックワールド》 投稿者:どらろー(^O^)/@低浮上(@doralo315)



画像付きTweetするには、Twitter連携が必要です。


 

デッキ名
【顎関節症(シャドウシェイド)】
サイズ 種類 カード名 属性表示 攻・打・防 小計
- フラッグ  1 × 《マジックワールド》(ワールド) -- 50円
3 モンスター  4 × 《影絵の掌握者 シルエット・テリー》 8000 / 2 / 5000 680円
2 モンスター  4 × 《シルエット・シンバ》 3000 / 3 / 3000 40円
- - モンスター  5 × 《シルエット・スピリット》 (バディ) 2000 / 1 / 1000 1150円
- 魔法  4 × 《ソロモンの盾》 -- 4円
- 魔法  4 × 《ナイスワン!(最高だぜ)》 -- 80円
- 魔法  3 × 《マジカルグッバイ》 -- 90円
- 魔法  2 × 《ゴー・トゥ・ヘル!!》 -- 2円
- 魔法  4 × 《ザ・シェイド》 -- 120円
- 魔法  4 × 《トリック・オア・トリック》 -- 80円
- 魔法  4 × 《ネバー・セイ・ネバー》 -- 1000円
- 魔法  4 × 《マリシャス・セレクター》 -- 40円
- 魔法  3 × 《マジカルグルー》 -- 15円
- アイテム  2 × 《ガンロッド ベーゼンドルフ》 2000 / 2 / ------ 40円
3 必殺モンスター  4 × 《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》 8000 / 3 / 5000 2000円
構築最低予算5341円
バディ
《シルエット・スピリット》
強み・プレイング・コンボ

《影絵の掌握者 シルエット・テリー》や《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》をセンターにコールして魔法で攻撃を防ぐという守り重視のマジックワールドらしいデッキと思います。特に《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》は圧倒的な場持ちの良さです。《影絵の掌握者 シルエット・テリー》か《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》が引けなくても回転率の良さでカバーするというマジックワールドの特徴を活かせていると思います。

弱み・カスタマイズポイント

言うまでもありませんが、《影絵の掌握者 シルエット・テリー》と《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》を主軸としたデッキです。そのため、《影絵の掌握者 シルエット・テリー》か《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》が引けなかった、もしくは出せない際の事故の可能性を下げるために《ザッツ・ハウ・アイ・ロール》ではなく《ソロモンの盾》を採用しています。サイズ2でコールコスト2は重い、場持ちがあまり良くない、能力のコスパが良くないという理由で《影絵の奇術師 シルエット・ジョー》入れてません。《ゴー・トゥ・ヘル!!》はサイズ2の必殺モンスターが多いドラゴンワールドなどを意識してます。シャドウシェイドはカード種類数が少ないためあまり構築に個人差がないと思います。ただ、少しの違いで安定性がまるで変わってくるデッキだとも思います。
もし宜しければ、ぜひコメント下さい

大会実績
大会名:7月度あそバディカップ
結果:優勝
参加人数:10名
大会日付:2016-07-02
【顎関節症(シャドウシェイド)】

デッキレシピ
1 × 《マジックワールド》
4 × 《影絵の掌握者 シルエット・テリー》
4 × 《シルエット・シンバ》
5 × 《シルエット・スピリット》
4 × 《ソロモンの盾》
4 × 《ナイスワン!(最高だぜ)》
3 × 《マジカルグッバイ》
2 × 《ゴー・トゥ・ヘル!!》
4 × 《ザ・シェイド》
4 × 《トリック・オア・トリック》
4 × 《ネバー・セイ・ネバー》
4 × 《マリシャス・セレクター》
3 × 《マジカルグルー》
2 × 《ガンロッド ベーゼンドルフ》
4 × 《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》

バディ
《シルエット・スピリット》

強み・プレイング・コンボ

《影絵の掌握者 シルエット・テリー》や《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》をセンターにコールして魔法で攻撃を防ぐという守り重視のマジックワールドらしいデッキと思います。特に《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》は圧倒的な場持ちの良さです。《影絵の掌握者 シルエット・テリー》か《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》が引けなくても回転率の良さでカバーするというマジックワールドの特徴を活かせていると思います。


弱み・カスタマイズポイント

言うまでもありませんが、《影絵の掌握者 シルエット・テリー》と《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》を主軸としたデッキです。そのため、《影絵の掌握者 シルエット・テリー》か《シルエット・ジョー “イリュージョン・シャドウドラゴンズ”》が引けなかった、もしくは出せない際の事故の可能性を下げるために《ザッツ・ハウ・アイ・ロール》ではなく《ソロモンの盾》を採用しています。サイズ2でコールコスト2は重い、場持ちがあまり良くない、能力のコスパが良くないという理由で《影絵の奇術師 シルエット・ジョー》入れてません。《ゴー・トゥ・ヘル!!》はサイズ2の必殺モンスターが多いドラゴンワールドなどを意識してます。シャドウシェイドはカード種類数が少ないためあまり構築に個人差がないと思います。ただ、少しの違いで安定性がまるで変わってくるデッキだとも思います。
もし宜しければ、ぜひコメント下さい

構築最低予算
5341円

大会実績
大会名:7月度あそバディカップ
大会結果:優勝
大会参加人数:10名
大会日付:2016-07-02

※ 強み・弱み部分のカード名を《》でくくるとリンクになります。ご活用下さい。
バディファイトのカード名入力は、Wikiのカード名変換辞書をダウンロードして使うと便利です。

閲覧数:756 イイネ数:28 更新日時:2016-07-03 14:30

コメント

コメントするには、Twitter連携が必要です。

どらろー(^O^)/@低浮上の投稿した他のデッキレシピ

他に投稿したレシピはありませんでした。

《マジックワールド》の他のデッキレシピ

→《マジックワールド》のバディファイト デッキレシピを絞り込む